2018年2月9日金曜日

先生の嘘つき



この前病院で血液、尿検査を受けて医師に「問題ない」といわれたけど、2年分の検査データを可視化したら、尿アルブミン値が急上昇してるじゃないか!先生の嘘つき!
なんで病院は検査データの可視化を行わないの!

不倫と忠誠心

私が思うに、不倫は人間も動物なので自然な行為だと思う。
寧ろ、婚姻制度の方が不自然だ。
でも、人間社会そのものが不自然なのだから仕方がない。
ちなみに私は独身の高齢者だが、不倫や浮気はできないと思う。
いや、不倫や浮気ができるほど器用ではない。
昔上司に「お前は不器用だな」といつも言われていた。
で、私はいつも仕事仲間を、不倫(浮気)ができるかできないかで分別している。
なぜなら、不倫や浮気ができる器用な人間は、自分を裏切ると最初から知っていた方がいい。あとで裏切られて人を恨むより、自分の不器用を嘆いた方がいいからね。

あと女性に問いたい。
あなたは、不倫や浮気もできない不器用な人間に本当に魅力を感じるのか?

2018年2月5日月曜日

dimple.js Examples


Chromeだと初期ロードが遅いがfirfoxは案外早い。ちなみにマイクロソフトソフトのブラウザーでは動作しない。

2017年12月25日月曜日

SLEEPY HOLLOW



遠い昔、まだ金曜日の夜のテレビがプロレスとディズニーランドが隔週だったころ、

ディズニーアニメで首無し騎士を見た。

そして、俺は、未だに首無し騎士の悪夢を見る。

あの笑い声(首がないのに)が未だに脳裡の奥底で不気味に響いている。

2017年12月4日月曜日

潜在意識がAI

丸谷才一氏の散文にこんなものがあった。

彼はある本を読み感動した。
この感動を息子に伝えたく、本と感動した内容を話した。
すると息子が、怪訝そうな顔して、
「親父その話10年前にも聞いたよ」と言われたそうだ。

私は、本に感動する脳と10年前に聞いたと覚えている脳は別物であると考える。

つまり息子は記憶力が良いだけの話である。

持論だが、記憶力の良し悪しは遺伝に左右されるが、何かに感動するというのは、人に平等に与えられた能力だと思う。

では、なぜ人は感動するのだろう。

それは、潜在意識のなせれる技だと思う。

「メンタリスト」のパトリックジェーンが言うには、人の記憶(潜在意識)はなんらかの五感とリンクしているそうだ。

私はこの考えに賛同できる。

人が何かに感動するのは、視覚、聴覚、触覚などで、遠い昔に経験または記憶し、潜在意識に刻み込まれたものが、呼び出された事象だと思う。

だから、何かに感動するということは、人それぞれ千差万別である。

この人が感動をするということ、職人が普通の人にはできない事を、いとも簡単にできることは深い関係があると思う。

アメリカの証券取引所で働く人々は、ただ、人から言われたことしか出来ない人達ではない。

彼らは、証券取引所で働く沢山の同僚たちを観察し、目線、体の動きから、今買うべき商品を五感で感じ対応するそうだ。

これも、潜在意識に何年もかけて覚えこませたからできる技だと思う。

現代の証券取引はAIで行われていると聞くが、私は、このAIが人の潜在意識を超えた存在であるとは到底思えない。

でも、AIが人の潜在意識に近づくことは可能だと考える。